現在、建築基準法でシックハウス症候群を防ぐための方法が法律によって決められています。
通称、「シックハウス法」
建築基準法第28条の2に関連する条文ですが、これを守っていれば全て大丈夫という訳ではありません。

建築基準法の概要
1、ホルムアルデヒド、クロルピリフォスなどの化学物質の使用制限
 接着成分(固体)を水(液体)に溶かすための溶剤としてホルムアルデヒドは以前から使用されてきました。
 しかし、そのホルムアルデヒドは、人体に対して悪影響を与える可能性があるとして、室内空間での使用が制限されました。
主な方法として、建材からでるホルムアルデヒドの放散量を☆の数で分類し、その☆の数と換気の状態によって、使用制限を設けています。

ホルムアルデヒドの放散量と表記
formaldehide-level.gif


また、薬剤として添加されていたクロルピリフォスは、使用できないようになっています。

2、24時間換気システムの設置義務化
 平成14年の建築基準法改正から新築・改築などの場合には、強制的に家の中の空気を入れ替えるための機械換気システムの設置が義務化されました。
 ホルムアルデヒドなどの化学物質は、家の空気を入れ替えることによってその濃度を下げることができます。

この法律ですが、完璧なものではなく、家側の最低限の基準を作ったもの。
ホルムアルデヒド以外の化学物質については、基準が定められている訳ではなく、指針値としていくつかの物質が挙げられているだけです。
また、建築側ではなく、ホームセンターなどで売られている家具などについては、規制がされていません。
つまり、家はホルムアルデヒドの濃度はクリアしていたのに、家具を置くとホルムアルデヒド濃度が基準値を超えてしまうこともあり得ます。

一概に建てられた家が悪い訳ではない場合も多いのです。

法律である程度住環境の改善の成果をあげることは出来ています。
ただ、シックハウス症候群の原因や予防について、周知徹底がなされていないことと、家具など住宅以外の要因についても検討されるべき課題だと思います。

換気システムが設置された住宅を訪問することも多いのですが、換気システムを停止させている家庭も多く見受けられます。
また、トイレには芳香剤などがおかれ、衣装ケースには防虫剤、気密の高い家の中で、ファンヒーターを運転させるなど、居住者側へのアナウンスもしっかりと出来ていないケースも多いのです。

シックハウス症候群にならないためには、購入する家でどんなものを使って建てられているのか確認することも重要ですが、購入する家具、住まい方などにも配慮すべきです。
シックハウス症候群とは・・・

医学的に確立した病気ではなく、
「居住者の健康を維持するという観点から問題のある住宅において見られる健康障害の総称」
とされています。

つまり、
「住宅等のカビ・ダニのような生物的要因や、化学物質によるなどの化学的要因など、室内の環境によって発症する健康障害」
であり、多岐に及びます。

また、
ストレスなどによって、症状が悪化、もしくは、改善の妨げになる可能性があります。

原因は徐々に明らかにされてきていますが、全てが解明されている訳ではありません。



初心者に朗報!のバックアップサーバ!
専用サーバ初心者のみならずウェブとメールの連続稼働を望むパワーユーザーもうってつけのバックアップサーバオプションです
専用サーバ障害時に、バックアップサーバとして弊社プロフェッショナルが管理する共用サーバに切り替え連続稼働を行います。
専用サーバがダウンしても連続稼働できることから、特に初心者の方は専用サーバについて勉強しながら安心して運用できます!
バックアップサーバは、共用サーバにコンテンツやメールボックスや転送メール設定を行っておき、
メインの専用サーバ障害時に専用サーバのIPアドレスを弊社開発の特別制御プログラムにてバックアップサーバに移してIPベースで連続稼働させます。

ご利用料について、専用サーバをご利用されていることが前提ですが、バックアップサーバとしてのご利用で共用サーバの各クラスをすべて半額といたします。
専用サーバレギュラークラス月額19,800円と例えば共用サーバライトクラスをバックアップサーバとして1ドメイン1,980/2=990円で、月額20,790円</font>(税抜)で安心の運用が可能です。
             
専用サーバにてあのxoopsインストールサービス開始!

有名コミュニティサイトライクなページを構築できます。MySQLデータベースとPHP4を同時にインストールします。

数値データベース対応宛先別文章自動作成同報メール
>Microsoft ExcelやAccess、基幹業務システム等のデータベースファイルをタブまたはCSV形式で読み込み、自由に設定したメール本文テンプレートを元に、
送信相手に合わせて柔軟に文章を自動作成して、Subject、Fromアドレス、From名称、Cc、Bccも宛先毎に指定でき、日時指定にて自動送信処理できます。

設定ファイルは、データベースファイル(宛先・送り主情報、置換文字列、数値)とメール本文テンプレートファイルの2種類で構成され、
設定ファイルをFTPでサーバへアップロードするだけで簡単に利用できます。
Microsoft ExcelやAccess、従来のデータベースソフトや基幹業務システムから出力されたデータをファイルをFTPでアップするだけでいつでも必要に応じて送信できるので
会員向けの個別メールや個別アイテムや金額を記載した請求メールなど多くのビシネスに活用が可能で運用効率も良く応用範囲も広くなります。<
金額データで3桁毎のカンマ(,)区切り処理も本文埋め込み時に自動処理可能。平成年や西暦年、月、日、時、分など送信時のタイミングでシステムデータも変数として用意され、
メール本文に埋め込み可能で、スペックとしてデータベースファイル数および宛先レコード単位の置換する文字や数値など指定項目数、文章テンプレートファイル数も設定無制限です。

超話題!のサーバ品質チェックはこちら遅くなくても速くない?
あなたのご利用中のサーバは大丈夫?

既にドメインをお持ちで他社サーバご利用中の方は一度チェックしてみてください。
サーバ品質(回線接続ルート・回線品質・サーバ設置場所)がリアルタイムですべてわかります。

【当社比】
国内サーバ

海外サーバ
当社比としてKDDI社の回線に専用線接続されたサーバから国内設置サーバと
海外設置サーバ の接続ルートと回線品質・設置場所を比較解析いたします。
 (解析には少し時間がかかります。ケーブルテレビやADSL経由などご利用のアクセスプロバイダによっては表示されない場合があります)